RBSproject.

.

Sort by 05 2014

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: la famille Rubinstein.  

No.6 Fannie.

こんばんは!ルービンシュタイン家広報部です。

毎週お送りしております、ルービンシュタイン家の面々のご紹介。
今週は6番目メイドのファニーさんをご紹介致します。

- - -
IMG_8905.jpg

Fannie (ファニー) as 紫月
weapon : Hammer (ハンマー)

▼どのようなキャラか
ファニーは生まれつき痛みを感じない体質のせいで周囲の人間に気味悪がられていましたが、両親と弟には愛されて育だったので優しく穏やかな性格です。
良家の生まれの為、ある時財産や権力を手に入れようとした親戚によって仕組まれた事件で家族全員を失い、自分だけ生き残ってしまったファニーはその事件の関係者すべてを復讐として殺害し、力尽きているところを御主人様に拾われメイドになりました。
家族に対して執着があり恩のある御主人様や他のメイド達を第二の家族だと思ってとても信頼しています。
あまり表情には出しませんが目の前で家族を亡くしたせいで、また自分だけが取り残されてしまうのではないかという思いから一人になることがとても苦手です。
仲間が傷つくくらいなら痛みを感じない自分が盾になって怪我をしたほうがいいという自己犠牲の持ち主でもあります。
武器のハンマーを操るため力持ち、怪我の治療が得意。
自分が笑っていることで周りが少しでも明るい気分になってほしいという思いから戦闘時以外はいつも笑顔でいるように心がけています。
メイドとしてのいろはを教えてくれたイライザには中でも一番懐いており、自分のして貰ったことを返したいと一つ下の後輩ギネヴィアをとても可愛がっています。


▼演じる上で気をつけていること
メイクの点ではとにかく顔がきつくならないように。
表情に関しては日常生活では優しい笑顔、戦闘時は仲間や御主人様の命がかかっているため緊張感のある顔つきができていたらいいな、と思っています。
武器もメイド達の中では大きい方なので構え方が変になっていないかも意識していますが、中々扱いが難しいので苦労しています(笑)

- - -

来週はNo.7 ギネヴィアさんのご紹介をさせていただく予定です。
今後とも、la famille Rubinsteinをよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト
Category: la famille Rubinstein.  

No.5 Eliza.

こんばんは!ルービンシュタイン家広報部です。

毎週お送りしております、ルービンシュタイン家の面々のご紹介。
今週は5番目メイドのイライザさんをご紹介致します。

- - -
IMG_8897.jpg
Eliza (イライザ) as るぃ
weapon : Dagger (短剣)

▼どのようなキャラか
妾の子として生まれたばかりに、周りの顔色を伺いながらの窮屈な立場で生活をしてきました。
上流階級の一族だったのでマナーや言葉遣いはしつけ役から学んでいて、小さいころから『良い子』を演じてきましたが、唯一乳母には気を許し接していました。
イライザを邪魔に思っていた嫡子からの陰謀で命を狙われてたことが多く、自分の身を守るための護身術として武術が身についています。
自分を捨てた母への憎しみで育った家、母の家族を壊滅させ、住込みのメイドとして転々としていたところご主人に出会い今に至ります。
社交的で人に合わせて会話ができ記憶力もいいので、ルービンシュタイン家では諜報員として情報収集を任されています。収集方法はスパイとして潜り込んだり、反俗的なことや情報入手後殺害したりと手段を選びません。
勤め始めて初めて人を信じることを知ったので直属の先輩後輩のドロシー、ファニーには特に思い入れが強く、仕事中の非道徳的な汚い自分を隠そうと必死です。
人に肌を見せることに抵抗が無いので戦闘後のメイド服はいつもぼろぼろです。接近戦同士のコンチェッタと共にアナスタシアに怒られてたらいいなぁと思います。

▼演じる上で気を付けていること
普段はふわっとした笑顔で人当たり良さそうな表情、戦闘時の鋭い目線や狂気じみた表情ができるように心がけています。なおかつ、自分には無い上品さ、近所の憧れの綺麗なお姉さんな雰囲気、そして裏にある悪さを出していきたいです。
戦い中は相手をどれだけ苦しめるか、どれだけ早く殺すことができるかを楽しんでいるのでそれが表現できればいいなと思っています。
短剣の構え方や体勢など手馴れてるように見えるように頑張っています。

- - -

来週はNo.6ファニーさんのご紹介をさせていただく予定です。
今後とも、la famille Rubinsteinをよろしくお願いいたします!
Category: la famille Rubinstein.  

No.4 Dorothy.

こんばんは!ルービンシュタイン家広報部です。

毎週お送りしております、ルービンシュタイン家の面々のご紹介。
今週は4番目メイドのドロシーさんをご紹介致します。

- - -
IMG_8884.jpg
Dorothy (ドロシー) as 素子
weapon : Throw Knife (投げナイフ)

▼どのようなキャラか
ドロシーはとにかく自分に自信がなく、人に必要とされたいということだけが行動原理です。
誰かの為に働き、誰かの為に尽くし、誰かの為になったという証がほしい。なによりも自分を認めてほしいと思っています。
これは過去のトラウマによるものなのですが、そのせいかいつもびくびくと相手の表情を伺ってしまいます。
基本的には気が弱く、おっとりとしていて何事にも一生懸命かつまじめな性格です。
誰に対しても敬語を使い、無償の愛で接しています。
自分を必要としてくれたご主人様を誰よりも敬愛し、自分を認め受け入れてくれた先輩メイドのアナスタシアとブランシュを実の姉のように尊敬し、自分に生きる道と理由とその術を教え叩き込んでくれたコンチェッタを盲目的に崇拝し、初めてできた妹の様な存在であるイライザを病的に気にかけ溺愛しています。
もともと気弱な性格のドロシーですが、いざ自分の愛する人たちに危機が迫るとその姿は成りを潜め、戦闘時には冷徹な部分のみを前面に押し出すことができます。

▼演じる上で気を付けていること
とにかく困っているような、自信なさげに見えるようにメイクすることを第一に考えています。
特に困り眉毛には力を入れています!初回の撮影でもちゃんと困り眉になっているかメンバーにたくさん確認しました(笑)
私自身がもともとたれ目なのですが、ドロシーさんはさらに極端にたれ目に見えるよう気を付けています。
また、彼女が日常生活において怒りを覚えることは皆無なので、目元と口元には笑みを浮かべるように心がけています。
通常時と戦闘時で表情が変わるキャラなので、メリハリをつけて演じていきたいと考えています。

- - -

来週はNo.5イライザさんのご紹介をさせていただく予定です。
今後とも、la famille Rubinsteinをよろしくお願いいたします!
Category: la famille Rubinstein.  

No.3 Concetta.

こんばんは!ルービンシュタイン家広報部です。

毎週お送りしております、ルービンシュタイン家の面々のご紹介。
今週は3番目メイドのコンチェッタさんをご紹介致します。

- - -
IMG_8875.jpg
Concetta (コンチェッタ) as β
weapon : Claw (鉤爪)

▼どのようなキャラか
親殺しの過去を持ち、スラム街で育った礼儀知らずのガサツな女の子でした。
ご主人様に会うまでは野生児だったのですが、今では礼儀も最低限は叩き込まれました。
人を警戒する癖が有り、ちょっと人見知りな部分もあります。
口が悪くてガサツなので誤解を受けがちですが芯はしっかりしています。
さっぱりした性格ですがスラムでそだったためか他のメイドよりは男っぽいかもしれません。
耳についたピアスは昔の仲間からもらった贈り物です。
一旦認め自分のテリトリーに入れた人には感情も豊かです。
鉤爪が武器なのは殺した人の感触を受け止め忘れないため彼女は鉤爪で戦います。
アナスタシアとブランシュには、頭が上がらないですが二人に憧れています。彼女の目標はこの二人なのです。
またドロシーが初めて出来た妹なので大好きでたまらなく、ドロシーに懐くイライザを敵視していますがちゃんとイライザも大好きな妹です。←

▼演じる上で気を付けていること
基本的には物事に興味なくツンとしている顔。
戦闘ジャンキーなので、戦闘などの時は挑発的に微笑むなど彼女の中のON,OFFを表情で表現できるように頑張っています。
接近戦なので撮影では割とすごい体制で撮影もさせていただきました。筋肉が引きちぎれ寸前です。
少しでもキャラの個性を表現出来ていたら嬉しいです。

- - -

来週はNo.4ドロシーさんのご紹介をさせていただく予定です。
今後とも、la famille Rubinsteinをよろしくお願いいたします!
Category: la famille Rubinstein.  

No.2 Blanche.

こんばんは!ルービンシュタイン家広報部です。

先週からはじまったメイドさんたちの紹介ですが、
今週は2番目メイドのブランシュさんをご紹介致します。

- - -
IMG_8871.jpg
Blanche (ブランシュ) as 峰
weapon : Chein saw (チェーンソー)

▼どのようなキャラか
ブランシュは過去に事故で自分を守るために慕っていた優秀な姉を亡くし、それ以来、姉の身代わりとなるよう狂ったように両親からの徹底した教育を受け声を失います。その後、使い物にならないと何もない部屋に軟禁状態にされていたところを今の主人に助け出され、「自分として生きる自由」を与えてくれた主の恩に報いるために二番目にルービンシュタインのメイドとなりました。
使用武器のチェーンソーはその時に扉をぶち破ったチェーンソーだという小さな裏設定もあります(笑)
主人への忠誠はもちろんですが、メイドとしての全てを教えてくれたアナスタシアも同様に信頼し、彼女に姉のおもかげをかさねていることもあり誰よりも幸せになることを望んでいます。
コンチェッタをはじめとした後輩メイドたちには、鞭がメイド長のアナスタシアならブランシュは飴…というほどではないですが孫に甘いお婆ちゃんのような立ち位置で寄り添うように接しています。

▼演じる上で気を付けていること
上の説明だと大人しい性格にみえがちですが、実際は面白いことや人にちょっかいを出すことが好きで、ニコニコしていても何を考えているかわかったもんじゃないいわゆる「食えない人」なイメージでキャラクターを作りました。
いつも穏やかに微笑んでいるブランシュですが、その微笑みの中にほんの少しだけ喜怒哀楽が垣間見えるような表情が作れたらいいなと思っています。
それと、使用武器のチェーンソーが普段もちなれないものなので見ていて不自然にならないように意識して気を付けています。

- - -

来週はNo.3コンチェッタさんのご紹介をさせていただく予定です。
今後とも、la famille Rubinsteinをよろしくお願いいたします!

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。